前へ
次へ

バーベキューで大事なもの

バーベキューと焼肉というのは明確に違いますのでその点を注意して食するようにしましょう。
やるときにも単純に肉を焼くというわけではなく、基本的には豚や牛のリブや牛のブリスケットなどの柔らかくない肉を食べることこそ、バーベキューの醍醐味となります。
日本の場合そのまま単純に開いてしまうということが多いのですが本来は蓋があるような焼くための道具というのが存在しており、蓋を閉めるなどして美白というよりはじっくりと蒸し焼きにするというような形で調理するというのが本場のやり方になります。
90~115℃程度の比較的低温でじっくりとやります。
そして、普通に焼いたのではなかなか固くて食べにくい肉を食することが容易になった状態のものができるようになるわけです。
最低でも数時間をかけて調理するのが一般的であり、本場のアメリカでは数日がかりで行われるイベントのようなものでもあったりします。
要するにじっくりと焼くことにポイントがあります。

Page Top