前へ
次へ

バーベキューはただ焼くだけではない

バーベキューというのは純粋にお肉を焼くだけというイメージがあるかもしれませんが基本的には固いお肉を食べるための調理法ということになりますのでじっくりと焼いていくことが多いです。
どちらかと言いますと蒸し焼きに近いといえるでしょう。
蓋のあるバーベキュー用のコンロのようなものを使ってやるというのが正しいやり方であり、調理時間も最低でも2時間くらいは欲しいものになります。
そのくらい割と手間のかかる料理であるといえます。
しかしながら、キャンプなどの時に行うということが多い調理法でもあります。
じっくりと調理をする時間があるということですし、外で作るということで、また多く人に食べさせることができる料理法ということで人気があるわけです。
伝統的なアメリカ料理のやり方であるということになりますので日本ではその正しいやり方がそれほど普及していないとも言えるので必ずそうしなければならないわけではないですが出来ればバーベキューをする時には正しい道具を一式揃えてじっくり時間をかけてやるとよいでしょう。

Page Top