前へ
次へ

遠赤外線効果のあるバーベキュー

なぜバーベキューをやるときの肉はガスコンロなどを使う場合と違うのか、実際のところを知っている人も少ないです。
実はその原理としては炭を使って料理をする場合には、いつも使っている火加減が大きな意味をもっています。
遠赤外線効果によって肉にいきわたる火の熱量が、肉の旨みを引き出して一気に食材をいつもの味とは違ってくることになります。
肉の旨みが出てくるということは、通常の肉をガスコンロで焼くよりも短時間でできることも魅力があり、もちろんフランパンなどは論外の上手さになります。
バーベキューでは炭に火をつけることをやりますので、火をつけるまで手間がかかりますが、これをクリアすると難しいことはありません。
むしろ食材の旨みを引き出すのは、肉だけではなく野菜も同じように引き出しますので、自然の火の威力を感じながら家族と食事を楽しむことができるのは幸せなことです。
また一度焼いた食材は、冷めた後にレンジで温めなおしても旨みが残っていることもあります。

Page Top